ナンパのプロが若い女性と見間違えるほどの美熟女と出会った時の体験談を説明します。のページです。

新風俗アダルト情報 ぼっき祭り

たまたま出会った熟女と…

学生時代からナンパの名手として名を馳せていた俺は、絶対的な自信を持っていました。
釣り上げるテクニックも去ることながら、後ろ姿だけでも良い女を見分けられる眼力があるためです。
悪友たちからの評価も高く、そのスキルを活かしたいがために呼び出され
お礼にメシをおごってもらうといったケースも一度や二度ではありません。
ですが先日、そんな自信を見事打ち砕かれる瞬間が訪れたのでした。
細身のスタイルにきれいなロングヘア、新鮮味感じられてならないオーラと
紛れもなく良い女に違いない後ろ姿を見つけ、颯爽とひっかけた時のことです。
振り返った姿を見ても、そして話した感じを踏まえても
二十代中盤、いや女子大生でもおかしくない、そんなフレッシュな印象を受けました。
ところが、蓋を開けるとまさかの30代後半というのだから驚きです。
百戦錬磨の眼力は、見事美魔女系熟女に騙されてしまったのだ。
熟女なんて、正直アダルト動画でお世話になった事があるくらいで
リアルな相手としてはまったく興味がありませんでした。
確かに、アダルト動画での熟女は魅力的です。
若い子にはないしっとり感や突き抜けたエロさがあって
たまの気分転換的アダルトジャンルとして楽しませてもらっています。
ですがリアルとなると、話は別です。
熟女ならではの面倒くささや年増くささもあるわけであって
そもそも勃起すらできないだろ…といったところです。
ところが、居酒屋で酒を飲みながら楽しく話をしてみると
あながちそうでもない気がしてきたのでした。
むしろ、熟女ならではのしっとり感や優しさ
言葉選びの丁寧さなどが、徐々に俺の性欲を高め始めたのでした。
熟女の経験のなかった俺ですが、良い感じに酔っ払ったこともあり
勢いのまま自宅へお招きすることにしました。
彼女もまんざらでもない様子で、割とスムーズにオッケーしてくれました。
そして部屋の電気を小さくして、早速未知の領域へ突入です。
指に吸い付くような肌質、絡みつくような粘液、それでいて
男のツボを弁えた感じのリアクションと、もうたまりませんでした
。 加えて、美魔女というフレーズがしっくりくるような
美貌もあわせ持った女性なわけですから、興奮せずにはいられません。
濃厚な一夜を共にして、前日のナンパで見極めをミスしたという後悔は
ものの見事に打ち消されていたのでした。
あの時、若い子と勘違いして熟女に声をかけていて本当に良かったと
むしろ感謝の念すらこみ上げてきたほどです。
これからはアダルト動画だけでなく、リアルでも熟女を進んで楽しんでみたいと思います。